進行を抑えるためにも|フロントラインスプレーなど、便利な動物薬が色々あります

フロントラインスプレーなど、便利な動物薬が色々あります

コップの中の黄色の錠剤

進行を抑えるためにも

白いカプセル

突然愛犬が怯えるようになったり、いろんなところにぶつかるようになったら、それは「白内障」をすでに患ってしまっているかもしれませんよ。
実は多くの犬が白内障を患う可能性を持っているので、あなたの愛犬ももしかしたら将来的に白内障になるかもしれません。

では白内障とはそもそも何なのか?
白内障は主に眼球が酸化することによって白く濁ることを指します。
本来は透明であるところが白くなるので、もちろん白内障になると視界が薄れてしまいます。
最終的には完全に真っ白な状態になるので、そうなると失明といった状態になるわけです。

これはなんとしてでも避けたいところですよね。
そして眼球が白くなるということは、見た目でもはっきりわかるようになります。
もしあなたの愛犬の目の黒い部分が白くなりかけていたら、それは徐々に白内障の症状が現れ始めているといえるでしょう。
白内障の症状はそのまま放置していてもけして治ることはありませんので、その進行を抑えるためにも「シーナック」と呼ばれる薬を使用してほしいと思います。

シーナックは白内障を治す上でもっともよく使われている点眼薬になり、これで眼球の酸化をしっかりと防止することが可能です。
つまり今よりも大きく白濁していくことがなくなるので、それ以上深刻な状態になることはありません。

ただシーナック単体だけだと、さすがに白内障を完治させることは難しいといえるでしょう。
基本的に白内障の完治は、手術によって実現することができます。
もし白内障を完璧になんとかしたいと思っている場合は、ぜひ手術も検討してみてください。